労働・労務

こんなことで悩んでいませんか

・従業員から未払い残業代の請求をされた
・従業員から労働審判を申し立てられた
・従業員が弁護士を立て解雇の撤回を申し入れてきた
というような心配はありませんか。

また、
・従業員から、上司からセクハラをされたと相談されたが、その上司にどのよう に指導すればよいか
・業務の繁忙期に長期の有給休暇を取得しようとする従業員に対し、有給休暇を 認めなくてよいか
・適法かつ適切にリストラや雇い止めをしたい
ということはありませんか。

 

 また、インターネットによる情報収集が容易になり、従業員の意識が向上した こと、労働審判制度が創設されて法的手続きが容易になったことから、 労働基 準法違反があると、従業員から労働審判を申し立てられ、会社の社会的信用を失 うなど、結果として多大な損失を被ることになりかねません。

さらには、いわゆるクレーマー従業員などの問題のある従業員も増加しており、 そのような従業員への対応は複雑ですので、会社の独断による対応は危 険です。

 このように、現在は、様々な事態を想定し、適切な手続きを踏まえ、リスクコ ントロールしながら対応する必要性が高まっており、労働問題に精通し ている 専門家による対応が必要です。

当事務所には、元大手企業法務部で企業内弁護士として労務に携わってきた弁護 士が所属しております。

企業の内部から労働問題を扱ってきたため、企 業の利 益を守るという観点からの解決に長けております。

まずはご相談ください。労働問題に強い弁護士が対応いたします。

ご予約お問合せはこちらから