離婚の費用

離婚と男女関係トラブルの費用のご案内

「法律相談」 まずは気軽に弁護士に相談を

法律相談 30分 5,500円(税込) ※離婚のご相談は初回1時間無料
2回目は30分無料

法律相談時に、交渉・調停・裁判の委任契約、もしくは法律相談サポート契約を締結された場合には、当日の法律相談料は頂きません。


「法律相談継続サポート」継続的な相談で心強い味方を

法律相談継続サポート 1ヶ月 20,000円(税込)
3ヶ月 50,000円(税込)

メール・電話・面談相談が期間内制限なく受けられます!3ヶ月ならもっとお得!

 離婚・男女間トラブルのお話合い・下準備に臨まれるご依頼者さまに対し、個々の事情に即したきめ細やかな法律相談を継続的にさせていただきます。

 プライベートの問題に「弁護士」という第三者を介入させることにためらいを覚えられる方に、専門家である弁護士のサポートを手軽かつしっかり受けられる法律相談サポートをおすすめしています。
弁護士への相談をしたことを秘密にしながら、財産の調査、親権の取得や別居の準備、配偶者の不貞行為の相手方への慰謝料請求のため、証拠収集などを時間をかけて行いたいという方にもご利用いただいています。

本サポートの範囲は交渉までに限ります。

離婚協議書等、書面の作成は別途サービスとして、手数料+実費で承ります。
書類1通あたり手数料110,000円(税込)から
※ご自身で作成される際のアドバイス・書面のチェックは法律相談継続サービスに含まれます。
 


「弁護士委任プラン」

離婚・養育費・財産分与・慰謝料・年金分割・婚姻費用をまとめて弁護士が受任します。

  • 「弁護士」が代理人として介入します。相手方との連絡・交渉の一切を弁護士に任せることができます。
  • 来所・メール・電話による相談及び書面作成手数料は一切着手金に含まれています。

標準的な事案

事案ごとのお見積りは、ご相談者様よりご要望・ご事情をお伺いした上で、弁護士より直接ご説明申し上げております。

 
交渉 着手金 330,000円(税込)
成功報酬 330,000円(税込)
調停 着手金 440,000円(税込)
成功報酬 440,000円(税込
裁判 着手金 550,000円(税込)
成功報酬 550,000円(税込)
※それぞれ交渉⇒調停、調停⇒裁判に移行する場合、引き続きご依頼される場合は追加着手金11万円(税込)を申し受けます。
※成功報酬は、どの段階で離婚が成立したかによって決定します。
例)・交渉を弁護士に依頼した。その後、調停にステップアップし、調停で離婚が成立した。
⇒交渉着手金33万円,調停ステップアップ時追加着手金11万円,離婚成立時の成功報酬は44万円

慰謝料・財産分与等を獲得する(または相手の請求から減額する)事が出来た場合

得られた(減額できた)利益を「経済的な利益」として、10%+消費税を上限として申し受けます。

養育費・婚姻費用を獲得する(または相手の請求から減額する)事が出来た場合

 得られた(減額できた)利益の2年分を「経済的な利益」として、10%+消費税を上限として申し受けます。

ご相談にご来所頂いた方に限り、詳細な料金表をお渡ししています。見積・費用の説明については弁護士にお気軽に尋ねください。

不倫の慰謝料請求

離婚は考えていないけれど、不貞行為・不倫の慰謝料を請求したい/請求された。
不倫の慰謝料請求に関わるご相談は1時間無料です。

相手方・配偶者との連絡・交渉を弁護士が代理致します。
秘密は厳守致します。
プライベートな事だからと一人で悩むより、弁護士にご相談下さい。
離婚をご依頼の方で不倫の慰謝料請求を依頼される場合は、請求する/されるに関わらず追加の着手金は不要です。(「離婚」のご依頼内容に慰謝料請求対応は含まれています。)

慰謝料請求する場合

★着手金
示談 55,000円(税込)/ 訴訟 220,000円(税込)
示談から訴訟に移行する場合は、165,000円(税込)
★報酬金
示談で解決 経済的利益の30%及び消費税 / 訴訟で解決 経済的利益の25%
ただし、最低額を110,000円(税込)とする。

慰謝料請求されている場合

★着手金
示談 55,000円(税込)/ 訴訟 220,000円(税込)
示談から訴訟に移行する場合は、165,000円(税込)
★報酬金
示談で解決 経済的利益の30%及び消費税 / 訴訟で解決 経済的利益の25%
ただし、最低額を110,000円(税込)とする。
慰謝料請求をされている場合は、相手方の請求からいくら減額したかが経済的利益の額になります。
1000万円以上の請求をされている場合は、報酬金についてご相談に応じますのでお尋ねください。


男女間トラブル交渉

婚約解消、同棲解消、別れ話、不倫の精算・・・交渉が進まないとき。

(元)交際相手との連絡・交渉を弁護士が代理致します。
「弁護士」を介入させることは、婚前・婚外の男女間トラブルにも有効です。
もちろん、秘密は厳守致します。ご相談下さい。

警察への被害届・告訴の提出サポートなども実績がございます。ご相談下さい。

金銭の請求を行わない場合

着手金  165,000円(税込)から

報酬金  着手金と同額

慰謝料・損害賠償請求・貸金請求など金銭の請求を行う場合

着手金の計算は下記の表によりますが、最低165,000円からです。

経済的な利益の額が300万円以下の場合 8% 及び消費税
300万円以上、3000万円以下の場合 8%+9万円 及び消費税
3000万円以上、3億円以下の場合 3%+69万円 及び消費税
3億円以上の場合 2%+369万円 及び消費税

金銭の請求を行い、経済的利益を得た場合

成功報酬

経済的な利益の額が300万円以下の場合 16% 及び消費税
300万円を超え、3000万円以下の場合 10%+18万円 及び消費税
3000万円を超え、3億円以下の場合 6%+138万円 及び消費税
3億円を超える場合 4%+738万円 及び消費税

ご予約お問合せはこちらから